※ 独身時代からの借金で【主婦Bさんの相談事例】

結婚して5年ほどたつ主婦のBさんですが、夫にはずうっと話していない秘密があり、実は独身時代から借金を抱えているのです。

結婚前からの借金に悩む主婦の画像

結婚の際に親族などからお祝いをもらったものの、それはあくまで夫婦のためのお金ですから、それを返済にあてようとは思わなかったBさん。

Bさんは、毎月の収入からこつこつと返済を続け、年数こそかかるものの、誰にも頼らずに完済しようと心に決めていたのです。

複数の貸金業者からお金を借りていたBさんも、借り入れの数がだんだんと減り、ついにはあと一社というところまで借金を返済することができました。

この一社は一番借りている期間も長く、金額も大きいためまだしばらくかかりそうですが、それでもBさんは頑張って返済しようと考えていたのです。

そんな時、借金に関する法律がかわり、長期間借金の支払いを続けている人は、利息を払いすぎている可能性があるという話を耳にしました。

Bさんの場合は、すでに支払いを終えているものもありますが、長いものなら10年近く返済を行っているものもあります。



もしかして、私にも過払い金があるの?

Bさんは、もしかしたら自分も払いすぎの可能性があるのではないかと考え、債務整理の手続きを行ってくれる専門家に問い合わせてみました。

すると大まかな計算ではありましたが、払い過ぎの可能性が高いとのこと。

夫にばれずに手続きがすすめられるということだったので、Bさんは早速、債務整理の手続きを依頼することにしました。

その結果、借り入れ先である全ての業者に対して過払い金が判明したため、その払い過ぎのお金を返還する手続きをすすめることにしました。

するとその戻ってきたお金で、残りの一社の借金も返済が可能となり、さらには戻ってきたお金でわずかながらの貯金ができることとなったのです。

長年の支払いの日々から、貯金が出来るようになったBさんは驚くばかりでしたが、このように債務整理を行って借金の生活から抜け出せた人は、たくさんいるのです。

長年、高金利で支払いを続けている人ほど、利息を払いすぎている可能性は高いですから、ぜひ早めに専門家に相談してみるといいですね。

きっと借金だらけの生活から抜け出し、貯金ができるようになりますよ!




この記事も読まれています >> 主婦Aさん、旦那にばれない債務整理は無理だと思っていたけれど

サブコンテンツ

このページの先頭へ