※ 自己破産で再び立ち直るチャンスを手に入れませんか?

自己破産という言葉には、どんなイメ-ジをお持ちですか?

職も家も社会的な立場も、何もかも失ってしまうのではないか。そのように、非常に悪い印象を持っていることが大半だと思います。

自己破産するか悩んでいる専業主婦の画像

実は、自己破産の一般的な認識については、誤解も多いです。

確かに氏名が官報に記載されますが、通常、一般の人がそれを見ることはありません。

又、戸籍に自己破産した事実が記載されることもありませんし、就職への影響もありません。もちろん会社を辞める必要もありませんよ。

自己破産は、多額の借金で苦しんでいる人を助けるために、国で決められた制度です。

実際には、不安に感じているほどの不利益が生じるわけではありません。

ただ免責後の生活においてデメリットがあるとすれば、約5年~7年間は、クレジットカード等の利用ができなくなるということですね。

また、破産終了までは一定の仕事に就くことは禁じられています。

ただ、この資格制限は、免責決定と同時に復権するため、永久に続くわけではありません。

自宅は手放すことになりますが、自己破産は、一定の債務を除き、支払いの義務が免除されるという、再スタートのためには大変有効な手段ですね。


また専門家に相談・依頼をすれば、債権者からの督促もすぐに止まります。

尚、新しく施行された破産法により、ある程度の財産を残すことが可能になりました。自己破産の制度は、これまで以上に利用しやすいものとなっています。

毎月の返済に悩んでいるままでは、前に進めません。

現在の借金から解放されれば、家事や仕事にも前向きに打ち込めますし、集中力も戻ります。プライベートも充実しますよ。

何よりも精神的に落ち着けることは大きなメリットですね。借金の返済のために、更に借金を繰り返すことだけは避けましょう。

正しい認識さえしていれば、自己破産は再スタ-トのための有効な選択肢の一つです。

それでも、自己破産の手続きをするということは、やはり一般の方にとっては、抵抗を感じるものでしょう。

自己破産によって得られるものは何か?!

デメリットがあるとすれば、それはどういう内容か?まず専門家に相談し、正確な知識を得ることが大事ですね。

専門家に依頼すれば、自宅に通知が来ることはないので家族にも知られません。

今後、返済が不可能な方が、金銭的、精神的に楽になるための一番の解決策ですね。




この記事も読まれています >> 過払い金請求は、まだ間に合うの?

サブコンテンツ

このページの先頭へ