任意整理のよくある質問

任意整理に関するよくある質問、疑問をまとめてみました。実際の相談者からの声なので、是非、専門家へ相談前に疑問点などは解決して頂ければスムーズに手続きが進むと思います。


任意整理って何?

任意整理は、簡単に言うと裁判所を通さずに、弁護士や司法書士が、あなたの代理人となって金融業者と交渉し、今後の利息のカットや残りの元本を3年程度で分割返済する内容の和解を結ぶ方法です。


督促がすごく厳しいのですが、すぐに取立ては止まるの?

はい、止まります。弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士や司法書士が受任通知を貸金業者へ送付します。受任通知を発送した後に貸金業者があなたに対して直接、取立てや請求することは法律で罰せられますので、取立てはすぐに止まります。


任意整理すると、裁判所に行かないとダメ?

いいえ、行く必要はありません。あなたの代わりに弁護士や司法書士が貸金業者と和解交渉するので、裁判所は関係ありません。


任意整理は旦那や家族に内緒でできるの?

はい、大丈夫です。任意整理は弁護士や司法書士が貸金業者と直接交渉するので、内緒で手続きをすることは可能です。あなたが誰かに話さない限りバレません。ただ、前もって弁護士や司法書士とあなたの間で連絡方法や郵送物などを細かく相談しておく必要があります。ここでバレる可能性があるので。


任意整理したらブラックリストに載るの?

はい、載ります。あなたが任意整理した情報などが指定信用情報機関(ブラックリスト)に記載されます。ブラックリストに載ると5年~7年間は記録が残るので、新たなキャッシングやローンは審査が通りにくくなります。


現在、専業主婦だけど任意整理できるの?

はい、大丈夫です。ただ、任意整理は和解交渉後、残った元金を3年から5年かけて毎月、決まった額を返済していきます。専業主婦の場合は、旦那の収入があるので家計から毎月、いくら返済可能かで手続きできるか?どうか?変わってきます。


現在、パート・アルバイトだけど任意整理できるの?

はい、大丈夫です。パート・アルバイトの場合は、毎月、一定の収入があるので手続き可能です。


契約書や明細書などがないけど手続きできるの?

はい、大丈夫です。契約書や明細書なくても、貸金業者の名前だけ解れば、弁護士や司法書士の方で貸金業者に対して情報開示を要求します。


全部の借金を任意整理しないとダメ?

いいえ、大丈夫です。任意整理の場合、金融業者(借金)を選んで整理できます。自動車ローンや住宅ローン、保証人のいる債務などは任意整理の対象から外すことも可能です。


保証人がいるけど何か迷惑がかかるの?

はい、かかります。弁護士や司法書士が受任通知を貸金業者に送付すると、あなたに対する借金の取立ては止まります。しかし保証人に対してはその効力は及ばず、保証人に請求がいきます。ただ、任意整理は借金を選んで手続きができるので、保証人に迷惑をかけたくない場合には、保証人がいる借金は任意整理せず、それ以外の借金を任意整理することで、保証人に迷惑がかからないようにすることは可能です。


税金や国保の滞納分も任意整理できるの?

いいえ、できません。税金や国民健康保険料、社会保険料などの国に関するものは、任意整理することはできません。


任意整理の費用の相場はいくらぐらい?

弁護士と司法書士のどちらに依頼するかで変ってきます。少し弁護士の方が費用は高目です。又、任意整理を依頼した場合、支払う費用はだいたい2つです。①着手金(1社、約2,3万円)、②減額報酬(約10%~20%)です。又、着手金無料や減額報酬の金額などは各事務所で違います。費用は、金融業者1社に対して掛かるので、2社だと着手金は2倍になります。


毎月の返済が苦しいなら、任意整理することでかなり楽になります。

任意整理は、自己破産とは違い、裁判所を通さないで手続き出来るため、多くの方が利用している債務整理の一番の手続きです。将来に渡って利息をカットして、残った元金を3年から5年の間で毎月返済していくので、無理がなく完済を目指せる手続きです。手続きすれば、取立てもすぐに止まりますし、返済額もかなり楽になりますよ。

もし、毎月の返済が苦しいなら、一度相談してもいいかもしれませんね。




サブコンテンツ

このページの先頭へ