任意整理で毎月の返済額を減らせるの?

借金問題で苦しんでいませんか?毎月の支払いのことで頭がいっぱい。電話が鳴るたびに督促ではないかと脅えてしまう。

でも返済はきちんとしたいけれど、高い利息の返済をこれ以上続けるのが難しい・・・そんな方のために、ぴったりの解決方法が任意整理です。

専業主婦の画像

任意整理とは、その言葉通り任意で借金を整理すること。

裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者間で交渉の上、借金の額を圧縮することをいいます。

いわば、示談によって借金を合理的に減らすという解決法です。

債権者との交渉は、法律の専門家に任せるのがベストです。自分で行うよりも手続きがスム-ズに進むからです。

また専門家が間に入ることで、債権者からの督促もストップするため、落ち着いた日常が戻ってくるというメリットも。


では、任意整理を行うと、なぜ借金の額を圧縮できるの?

それには法律問題が大きく関与してきます。

そもそも利息制限法という法律により、金利20%を超えた分は支払う必要はないとされています。

任意整理においては、既に払い過ぎていた利息(過払い金)を、借金返済に充当することにより、借金の残高が圧縮されるということです。

更に、取引が長期間に亘っている場合は、払い過ぎていた分を取り戻せるケースも。また、将来の分の金利がゼロになるため、負担が軽くなります。

裁判所が関与する民事再生手続きでは、通常3年間で完済しなければなりません。

しかし任意整理は、債権者の合意があれば、長い期間で返済計画を組むことも可能です。無理のない、柔軟な返済プランをたてましょう。

でも、家族に借金がバレないか気になって・・・。

そう悩んでいる方も多いでしょう。

大丈夫。任意整理をしたからといって、債権者や公的機関から家族に直接連絡がいくことはありません。

そのため、家族に内緒でという希望を叶えることは十分可能です。

どうしても旦那には借金の事実を知られたくない。

そのようにお悩みの方は、出来るだけ早く専門家に相談しましょう。その際は、借金額や返済状況について、正確に打ち明けて下さい。

現状の返済額では無理があるけれど、借金は返していきたい!

そう考えている方にとっては、任意整理は最適な借金の整理方法だといえるでしょう。




この記事も読まれています >> 自己破産で再び立ち直るチャンスを手に入れませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ