個人再生すれば、自宅を守れるの?

過払い金請求が不安で悩んでいる主婦の画像

個人再生っていったい何?メリット・デメリットは?って気になる方もいるかと思います。

簡単に言うと個人経営の方やサラリーマンなどの個人を対象とした制度で、借金の総額(住宅ローンは別)が5千万以下で、将来的に一定の収入を見込めるなどの条件があります。

条件を満たすと、借金の総額を5分の1(下限100万円)に圧縮して、約3年間で分割で支払っていく手続きですね。



個人再生のメリット・デメリットって?

まず、一番のメリットは、自宅(持ち家)を守れる!ということ。

住宅ローン以外の借金が減額され、返済の目処がたつのと、返済も取り立てはも一時、ストツプできます。

デメリットは、住宅ローンは免除されない!ことと、やはり信用情報に掲載されてしまいます。

ブラックリストですね。あと、5年から7年間ぐらいは、新しい借入やクレジットカード、ローンなどは審査は通りづらくなります。

手続きがとても複雑なので時間がかかるため、個人では無理。専門家へ依頼が必要。費用が、他の方法に比べ高額です。

ただ返済が苦しく、持ち家や土地を守りたい方、自己破産できない方は一度、専門家に相談してみてもいいかもしれませんね。




この記事も読まれています >> 借金だらけの生活から貯金が

サブコンテンツ

このページの先頭へ