過払い金請求は、主婦でもできるの?メりット、費用は?

過払い金請求っていったい何?メリット・デメリットは?費用の相場はっていう方もいらっしゃると思います。

過払い金とは、利息制限法の上限(29.2%)を超えて不当な金利(グレーゾーン金利)で貸し付けられていたときに、余計な利息をサラ金業者に払っている可能性がありますよね。

その余計に支払ってしまった利息を、サラ金業者(債権者)から取り戻す方法を「過払い金返還請求」といいます。

過払い金請求が不安で悩んでいる主婦の画像


過払い金返還請求の流れ

あなたの今までの取引履歴をサラ金業者から取り寄せて、それを元に弁護士や司法書士事務所が引き直し計算(正しい利息で再計算)を実施します。

過払いが発生しているときは、弁護士や司法書士がサラ金業者と返還請求をします。あなたの払い過ぎた利息が戻ってきます。

又、今、返済中の借金でも過払い金がある場合は、借金の総額から、相殺(借金合計から過払い金を引いた分が減額)されます。

過払い金請求のメリット・デメリットは?

過払い金請求は、メリットしかありません。過払い金請求したからブラックリストに載る!ということもないですし、旦那や家族に秘密でできますから安心です。

ただ武富士のように、貸付業者がつぶれてしまうと過払い金請求はできないので、思いあたる方は過払い金手続きは早めがいいでしょう。

また、過払い金請求はあなた自身でも可能です。

ただ、時間が取れない、手続きがややこしく大変なため、弁護士や司法書士に依頼した方が、楽で確実ですね。



過払い金請求の費用・相場ってどれくらい?

過払い請求に掛かる費用は、大体大きく分けて3つです。

1つ目は、「着手金」2つ目は、「基本報酬(成功報酬)」、3つ目が、「過払い報酬」の3つですね。

相場はだいたい、着手金で1業者につき2万円~3万円、3業者に過払い請求する場合は、3倍になります。6万円から9万円になります。

ただ、あくまでも相場なので、着手金無料の事務所もたくさんあります。

2つ目の基本報酬の相場ですが、1業者につき2万円ぐらいです。これは、過払い金が取り戻せた場合に適用される費用です。 ただ、この費用を設定していない事務所もあります。

3つ目は、過払い報酬。これが一番費用が掛かり、だいたい過払い金があった場合、取り戻せた金額の29%~30%ぐらいが相場です。

仮に、あなたに100万円の過払い金が返還された場合、依頼した事務所には、だいたい20万円から30万円の過払い報酬を支払うことになります。あとは、着手金と基本報酬をプラスした金額が、事務所に支払う報酬になります。

費用の手持ちが無くても、過払い金が遭った場合、報酬分が引かれてひり込まれますので費用が心配な方でも安心ですよ。



過払い金請求の時効って?

実は、過払い請求には、時効があります。あなたが貸金業者と取引した最後の日から、10年以内が過払い請求できる期間になります。

例えば、2000年10月31日が最後の取引だった場合、2010年の10月31日が時効の成立になります。これを過ぎて、過払い請求はできません。

又、すでに完済している借金でも10年以内なら過払い請求は可能です。

あなたの払い過ぎたお金が戻ってくる制度なので、心あたりのある方は、時効前に早めの請求が良いかもしれませんね。

ただ、自分の最後の取引がいつか?分からない方も多いと思います。そんな場合は、専門家に相談してみましょう。すぐに、可能かどうか?幾らぐらい戻ってくるか?分かりますから。


時効になる前に早めの請求が良いかもしれませんね。




この記事も読まれています >> 過払い金請求はまだ間に合うの?

サブコンテンツ

このページの先頭へ